ラピス|ツケ払い(後払い)現金化サービスの評判や特徴を詳しくご紹介

ラピス スマートツケ払い(後払い)現金化サービス一覧

金融ブラックの方でも利用できることで注目されていた「給料ファクタリング」業者が次々と廃業していますが、一方で続々とサービスが登場しているのが「ツケ払い(後払い)現金化サービス」です。

そこで、当記事ではラピスのツケ払い(後払い)現金化サービスについて調べたので現金化の仕組み、サービス内容、利用方法等について紹介していきます。

ラピスのツケ払い現金化の仕組みについて

ラピスのツケ払い現金化の仕組みについて

まずはラピスがどの様なツケ払い(後払い)現金化サービスなのか解説します。

ラピスは、利用者が勤めている会社などに請求予定の経費(交通費や携帯代、その他立替費用)の領収書・経費精算書を提出して経費を買い取ってくれるサービスです。

買取してもらった経費から、手数料が引かれた金額振り込まれるので、精算後の給料日に経費を弁済すれば完了する現金化の仕組みとなっています。

1.ラピスに申し込み、領収書等を提出する 
2.買取された経費から手数料が引かれた金額の現金が振り込まれる 
3.支払い期日に買取してもらった経費を弁済する

上記3ステップで現金化ができます。 口コミによると、手数料は20%〜40%の様です。

ラピスの運営会社情報

運営会社不明
代表者名不明
所在地東京都港区芝5-27-3
営業時間9時~19時
問い合わせTEL :03-6822-5751
MAIL:info@lapisu-fact.com
公式サイト不明

ラピスのサービス提供内容

手数料20%~40%
決済スピード最短即日
在籍確認利用者によってはあり
初回利用限度額1~5万円
利用条件給与所得者
必要書類・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・領収書または経費精算書
・直近3ヶ月分の給料振込確認書類(給与明細・通帳明細)
エリア全国対応
公式サイトhttps://www.lapisu-fact.com/

ラピスのメリットを紹介

  • 土日祝日も対応している
  • 最短即日現金化可能
  • 在籍確認不要

ラピスのデメリットを紹介

  • 領収書・経費精算書を用意しなければいけない
  • 審査に落ちてしまう可能性あり

ラピスのサービス申込み方法

ラピスのサービス申込み方法

それでは実際にラピスのサービス申し込み方法とご利用の流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://www.lapisu-fact.com/)にアクセスします。

「お申し込み」ボタンをタップ、またはサイト下部までスクロールすると申請フォームが表示されます。

申請フォーム

この申し込みフォームに必要な情報を入力し、送信をします。申し込みにあたって以下のお客様情報が必須となります。

名前、携帯電話番号、性別、生年月日、年齢、住所、自宅電話番号、メールアドレス、緊急連絡先名前、緊急連絡先関係、緊急連絡先電話、勤務先名、勤務先電話番号、勤務先住所、健康保険、雇用形態、勤続年数、手取り月収、給料の支給方法、現在利用中のファクタリング業者名、過去利用のファクタリング業者名、現在利用中の後払い業者、現在利用中の買取業者

上記は全て必須項目です。不明点が無いようにしておきましょう。

送信後ラピスの担当者から折り返しの連絡が来て必要書類の提出等を求められるので、書類を提出が完了すると審査が始まります。

ラピスご利用の際の必要書類は以下の4点です。

・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・領収書または経費精算書
・直近3ヶ月分の給料振込確認書類(給与明細・通帳明細)

審査時に在籍確認は行われない様で、無事審査に通過しましたら担当者より買取可能な経費の金額・手数料が提示されるので、契約に移行すると手数料が引かれた金額が入金されます。

現金化が完了したら、後は支払い期日までに契約時に決まった金額を弁済すれば契約満了です。

まとめ

まとめ

ラピスは未精算の経費を買取してくれる経費精算ファクタリングを行っているツケ払い(後払い)現金化サービスで、領収書と経費精算書があれば金融ブラックでも現金化ができます。

口コミによると、在籍確認があったという声もあったので不安な方は利用前に問い合わせてみることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました