SKペイ|後払い(ツケ払い)現金化サービスの評判や特徴を詳しくご紹介

SKペイ|ツケ払い(後払い)現金化サービスの評判や特徴を詳しくご紹介 後払い(ツケ払い)現金化サービス業者一覧

誰でも利用できる現金調達方法として人気の「後払い現金化サービス」の中でも、買い物代行として現金化できるSKペイがあります。

そこで、当記事ではSKペイの後払い現金化サービスについて調べたので現金化の仕組み、サービス内容、利用方法等について紹介していきます。

SKペイの後払い現金化の仕組みについて

SKペイの後払い現金化の仕組みについて

まずはSKペイがどの様な後払い現金化サービスなのか解説します。

SKペイは買い物代行サービスを提供しており、買いに行く時間がない・手元にお金がないなどの利用者の代わりに商品を購入してくれて、代金を後払いできるというものです。

口コミによると、実際に購入してもらう商品はJCBプレモカードという金券の様なもので、買取業者などに売却して現金化ができるという仕組みになっています。

1.SKペイで後払いで商品を購入 
2.SKペイからJCBプレモカードのコードが送られてくる 
3.JCBプレモカードを買取業者等に売却して現金化 
4.支払い期日に商品の後払い購入代金を支払う

口コミによると、SKペイでの購入代行手数料として20〜30%、購入したJCBプレモカードを買取業者に売却する際に10〜15%かかるとのことで、実質的にかかる手数料は約40%となります。

SKペイの運営会社情報

運営会社WORLDLINE合同会社
代表者名桑江良貴
所在地東京都豊島区南大塚2-11-10ミモザビル三階
営業時間平日10時〜18時
問い合わせTEL:03-6822-6983
公式サイトhttps://s-k-pay.com/law.html

SKペイのサービス提供内容

手数料約40%
決済スピード最短即日
在籍確認利用者属性によりけり
初回利用限度額1万円〜4万円
利用条件給与所得者
必要書類・顔写真付きの身分証明証
・健康保険証
・直近2ヶ月分の銀行口座通帳
・直近2ヶ月分の給与明細
・IDセルフィー
エリア全国対応
公式サイトhttps://s-k-pay.com/

SKペイのメリットを紹介

  • アルバイト・契約社員・主婦の方でも利用可能

SKペイのデメリットを紹介

  • 自分で換金をしなければいけないので手間がかかる
  • 審査に落ちる可能性あり

SKペイのサービス申込み方法

SKペイのサービス申込み方法

それでは実際にSKペイのサービス申し込み方法とご利用の流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://s-k-pay.com/)にアクセスします。

サイト内にある「LINEでお問い合わせ!」というバナーをタップするとLINEの友達追加画面が開かれるので追加をします。

LINE自動メッセージ

友達追加をすると上の画像の様な自動メッセージが届くのでそちらの内容に従って申込者情報や勤務先の情報の送信、必要書類の提出を行うと申し込みが完了します。

SKペイ申し込みにあたって以下のお客様情報が必須となります。

氏名、ラインネーム、生年月日、年齢、郵便番号、勤務先会社名、勤務先、勤務先電話番号、月給、次回給料日、健康保険の種類、雇用形態、勤続年数、緊急連絡先、ご利用中の後払いサービス等

上記は全て必須項目です。不明点が無いようにしておきましょう。

SKペイご利用の際の必要書類は以下の5点です。

・顔写真付きの身分証明証
・健康保険証
・直近2ヶ月分の銀行口座通帳
・直近2ヶ月分の給与明細
・IDセルフィー

SKペイの審査の際、在籍確認が利用者によっては行われます。行われた人もいれば行わなかった人もいるので、不安な方は事前に問い合わせをしておきましょう。

無事審査に通過しましたら、担当者より後払い購入できるJCBプレモカードの金額と支払い金額が提示されるので、納得ができたら契約をします。

契約完了後、JCBプレモカードのコードが送られてくるので、自分で買取業者に売却して現金化が完了です。そのままでも利用可能ですので、現金化の手数料がかかってしまう、手間という人はそのまま使用しても良いでしょう。

あとは支払い期日までに後払い購入代金をSKペイに振り込めば契約満了です。

まとめ

まとめ

SKペイは買い物代行サービスの形をとっていますが、JCBプレモカードを後払いで購入し、転売をすることで現金化できるサービスです。

JCBプレモカードのままでも使えるとのことですが、現金が欲しい場合は換金をしなければいけず、手間と手数料が多くかかってしまうというのは大きなデメリットです。

タイトルとURLをコピーしました