メルペイ後払いで現金化する方法

後払い(ツケ払い)現金化マニュアル

手元に現金がなく早急にお金が必要になった際に、現金化をしたいけれど、電子マネーやギフト券を持っておらず、手段が見つからないという方もいるでしょう。

中にはクレジットカードを持っていないという人ではなかなか現金を入手することは難しいでしょう。

そこで、今回の記事は「メルペースマート払い」を利用した現金化について紹介します。

メルペイスマート払いってどんなサービス?

「メルペイ」は、フリマアプリ「メルカリ」を通して、全国のお店で利用できるスマホ決済サービスのことです。

中でもメルペイスマート払いは、チャージ不要で、使った分だけを、翌月にまとめて支払うことができるサービスのことです。

メルカリユーザーにとっては非常に便利な決済手段の一つですが、利用していない人でも簡単にメルペイを利用することができます。

メルペイスマート払いが使える店はどこ?

メルペイはiD決済に対応のお店と、メルペイコード決済に対応のお店、一部のネットショップで使えます。

詳しいお店の情報は以下の公式サイトで確認してみてください。

メルペイスマート払いの限度額は?

メルペイスマート払いは、利用上限金額をご利用限度枠内でユーザー自身で設定することができます。

そのため使いすぎるといった心配もなく安心して利用ができます。

ただし、上限額を上げたい場合は事務局が決定することなので、何度もメルペイの利用を繰り返し、しっかりと支払いを行うことで信頼を上げていく必要があるでしょう。

メルペイスマート払いで現金化の流れ

メルペイスマート払いでの現金化の流れは以下のようになります。

「メルペイスマート払い」を登録

ちなみに、メルペイスマート払いは18歳未満の方は利用できず、本人確認が必要です。

メルカリで「高く売れる商品」を購入

利用登録が完了したら「ブランド品」や「人気のゲーム機本体」など、売却した時に高値がつくであろう商品をメルカリで購入します。

買取ショップや業者に商品を売却または転売

最後は買取業者に商品を売却・もしくは転売をして現金を入手しましょう。

ただし、何店舗か回って最も買取価格が高いところにするよう時間がかかってしまうのでネットなどで問い合わせが可能なサービスを利用すると便利ですよ。

モバイルSuicaでの現金化は不可能に

以前はモバイルスイカを使った方法でメルペイスマート払いの即日現金化が可能でした。

しかし、現在メルペイスマート払いではモバイルスイカへのチャージができなくなっており、以前までの方法は使えないので注意してください。

メルペイスマート払いの現金化のメリットとは

数ある現金化の方法の中でもメルペイスマート払いでの現金化を行うメリットはなんなのでしょうか。

支払い期限が長い

「メルペイスマート払い」で使った金額は使用した翌月の末日が支払期限となります。

5月1日「メルペイスマート払い」を使った場合、支払いは6月31日となり、約2ヶ月近く支払い期限があります。

一方で5月末に利用しても6月31のままということです。

自分が「メルペイスマート払い」を使った日付によって返済期日が変わってくるので、返済までの期間を長めにしたい人は月初の利用がおすすめです。

クレジットカードがなくても利用できる

メルペイスマート払いを利用すれば、クレジットカードを持っていない人でも手軽に現金化を行うことができます。

利用にあたって特別な審査や条件は必要ないので、パートやアルバイト・無職の方でも利用できるというのは大きなメリットです。

18歳未満の方は利用できません。
また、利用登録時に本人確認が必要です。

メルペイスマート払いの現金化のデリットとは

メルペイスマート払いの現金化にはメリットだけではなく、当然デメリットもあります。

即日現金化は難しい

以前まではモバイルスイカを使った方法でメルペイスマート払いの即日現金化が可能でしたが、現在ではその方法が使えません。

そのため、転売や売却という手段を取る必要があるので、最短でも3日はかかってしまうでしょう。

急ぎで現金が必要な場合には向いていません。

買取額が低く、かなり損してしまう場合も

転売・売却時の価格はかなり不安定で買取金額がブレブレのため、現金化できた金額が想定よりもかなり少ないと言う事態が発生してしまう場合もあるでしょう。

そうなってしまうと、支払い日に他の業者を利用して再度現金化をする必要があるなど、意味がない事態になってしまいます。

いくら現金化できるという確実性がないと言うのがデメリットの一つです。

まとめ

メルペイスマート払いで現金化する方法について紹介しましたがいかがだったでしょうか。

転売や売却が失敗した際にお金を支払うあてがないという状態にならないように注意して利用しましょう。

当サイトでは、最短即日で現金化でき、支払い期限も1ヶ月となる現金化の方法を紹介しているのでぜひそちらも参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました