APB|ツケ払い(後払い)現金化サービスの評判や特徴を詳しくご紹介

APB スマートツケ払い(後払い)現金化サービス一覧

金融ブラックだけど今すぐお金が欲しい
他では借入を断られた

という方でもすぐに現金を調達できる手段がツケ払い(後払い)現金化サービスです。しかし、現在は数多くのサービスが存在しており、中には悪徳業者も潜んでいるので業者選びが大事になります。

そこで、当記事ではAPBのツケ払い(後払い)現金化サービスについて調べたので現金化の仕組み、サービス内容、利用方法等について紹介していきます。

APBのツケ払い現金化の仕組みについて

まずはAPBがどの様なツケ払い(後払い)現金化サービスなのか解説します。

APBでは情報商材を販売しており、ツケ払い(後払い)で購入することができます。ツケ払い(後払い)で購入すると、商品が送付されるとともに、応援キャッシュバックとして現金が振り込まれます。

借金ではないので、信用情報の審査もなく金融ブラックの方でも利用可能な現金化の仕組みとなっています。

1.APBで情報商材をツケ払い(後払い)で購入
2.商品とともに現金がキャッシュバックされる
3.支払日に購入した商材のツケ払い(後払い)金額を支払う

上記3ステップでAPBの現金化は完了します。利用時には以下の4プランから選ぶことができます。

A〜Dの4プランが用意されており、購入する商材によってキャッシュバックされる金額が変わります。商品とキャッシュバック金額の差額を手数料とすると、40%〜50%の手数料がかかることになります。

APBの運営会社情報

運営会社有限会社bridge
代表者名不明
所在地東京都板橋区徳丸1丁目32番14号
営業時間平日 9時~18時
土曜 9時〜17時
問い合わせTEL:050-5490-4689
公式サイト不明

APBのサービス提供内容

手数料40%~50%
決済スピード最短即日
在籍確認なし
初回利用限度額2~5万円
利用条件給与所得者
必要書類・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・給与明細
・銀行口座通帳
・IDセルフィー
エリア全国対応
公式サイトhttps://apb-service.net/

APBのメリットを紹介

  • 在籍確認不要
  • キャッシュバック方式なので、最短即日現金化可能
  • 土曜日も対応可能

APBのデメリットを紹介

  • 希望の金額の現金化が否決される可能性あり
  • 審査に落ちてしまう可能性あり

APBのサービス申込み方法

それでは実際にAPBのサービス申し込み方法とご利用の流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://apb-service.net/)にアクセスします。

LINEからも申し込みできますが、今回はウェブからの申し込み方法を説明します。サイトの下部までスクロールすると申し込みフォームが表示されます。

この申し込みフォームに必要な情報を入力し、送信をします。

APBを申し込むにあたっては以下のお客様情報が必須となります。

名前、携帯電話番号、生年月日、年齢、住所、自宅電話番号、メールアドレス、勤務先名、勤務先電話番号、勤務先住所、雇用形態、勤続年数、手取り月収、給料の支給方法、緊急連絡先名前、緊急連絡先関係、緊急連絡先電話番号、現在利用中のファクタリング業者名、過去利用のファクタリング業者名

上記は全て必須項目です。不明点が無いようにしておきましょう。

送信後、APBから折り返しの連絡が来ます。そして、必要書類の提出を求められるので、提出すると審査が始まります。

APBご利用の際の必要書類は以下の5点です。

・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・給与明細
・銀行口座通帳
・IDセルフィー

APBの審査では在籍確認が行われないので、会社にバレる可能性は低いでしょう。無事審査に通過しましたら、利用できるプランが提示されるので、納得ができた場合は契約をします。

契約後、情報商材がメールで送られてきますので家族にバレる心配もなく、応援キャッシュバックの現金が指定の口座に振り込まれます。

最後に、ツケ払い(後払い)の支払日に購入金額を振込めば契約満了です。

まとめ

APBは情報商材を購入することで、応援キャッシュバックという形で現金化が可能なツケ払い(後払い)現金化サービスです。

メールで商品が送付されるということで、スピーディーな対応が期待でき、口コミもスムーズとのことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました