廃業 ペイング(Paying)|後払い(ツケ払い)現金化サービスの評判や特徴を詳しくご紹介

後払い(ツケ払い)現金化サービス業者一覧

後払い現金化サービスは誰でも利用できるという魅力がありますが、サービスによってかなり内容が異なっているので利用前に確認しておくことは必須です。

そこで、当記事ではペイング(Paying)の後払い現金化サービスについて調べたので現金化の仕組み、サービス内容、利用方法等について紹介していきます。

ペイング(Paying)の後払い現金化の仕組みについて

まずはペイング(Paying)がどの様な後払い現金化サービスなのか解説します。

ペイング(Paying)では、務めている会社で立て替えている様々な経費を利用者が好きなタイミングで現金化することができる、交通費、経費ファクタリングサービスです。

申し込みの際に立て替えている経費の領収書や携帯電話代の請求書などを用いて、会社から支払われる予定の経費を貰い、実際にもらってから支払いをするという流れのサービスとなっています。

ペイング(Paying)の利用の流れをまとめると以下です。

1.ペイング(Paying)に申し込み、領収書等を提出する
2.その金額に応じて現金が振り込まれる
3.支払い期日に振り込まれたお金と手数料を足して振り込む

現在、すでに廃業しているようで公式サイトも閲覧できなくなっています。

当時の口コミによると、3万円分の経費を1.45万円で買取をしてくれる、つまり現金化にかかる手数料は約50%程かかっていたようです。

ペイング(Paying)の運営会社情報

運営会社 不明
代表者名 不明
所在地 不明
営業時間 9時30分~18時30分
定休日:土日祝定休
問い合わせ TEL :0120-897-473
公式サイト 不明

ペイング(Paying)のサービス提供内容

手数料 約50%
決済スピード 最短即日
在籍確認 あり
初回利用限度額 3万円
利用条件 給与所得者
必要書類 ・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・直近3ヶ月分の給料明細
・領収書もしくは経費精算書
エリア 全国対応
公式サイト https://paying.co.jp/(閉鎖済み)
2021/6 現在、アクセスできません。

ペイング(Paying)のメリットを紹介

  • 給料日以外の支払いが可能

ペイング(Paying)のデメリットを紹介

  • 対応が遅いという口コミ多数
  • 審査に落ちる可能性あり

ペイング(Paying)のサービス申込み方法

それでは実際にペイング(Paying)のサービス申し込み方法とご利用の流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://paying.co.jp/ 閉鎖済み)にアクセスします。

申し込みフォームにて、必要な情報を入力して送信をすると、ペイング(Paying)から折り返しの連絡が来ます。そして、必要書類の提出を求められるので、提出すると審査が始まります。

ペイング(Paying)ご利用の際の必要書類は以下の4点です。

・顔写真付きの身分証明書
・健康保険証
・直近3ヶ月分の給料明細
・領収書もしくは経費精算書

無事審査に通過すると、領収書や経費精算書に基づいたファクタリングが可能な金額が提示されるので、納得ができたら契約をします。後は契約通りの金額の現金が指定の口座に振り込まれます。

現金化が完了したら、後は支払い期日までに契約時に決まった金額をペイング(Paying)に支払いすれば契約満了です。

ペイング(Paying)の口コミを紹介

口コミ

それでは最後に、実際にペイング(Paying)を利用した人の口コミをまとめて紹介します。

ペイングは給料日じゃなくても大丈夫なんだな。

ペイング
今日可決&入金あったので参考までに。

1.45→3
(5万くらいの領収書出したけど、初回はこれが固定とのこと)

審査スピードは結構遅い。
自分は昨日昼に申し込んで、今日15時頃入金。
対応はまとも。高圧的ではない。
対応遅い時はこっちから状況確認のTELしても嫌がる感じではないので、不安な人は問い合わせてみると良いかと思います。

ペイングあかんわ。今日も一件メール来ただけ。
遅すぎるし審査してるんかホンマに怪しいな。

まとめ

ペイング(Paying)は、は会社で立て替えている経費を現金化することができる後払い現金化サービスです。

現在は廃業しているようなので、利用することができませんが、今後類似サービスが登場する可能性はあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました