WAON(ワオン)残高を現金化は可能?現金化の方法をチェック!

後払い(ツケ払い)現金化マニュアル

イオンが提供する電子マネー「WAON(ワオン)」はチャージをすることで利用できる支払い方法の一つです。

一度チャージやポイントとして獲得した残高を現金化する方法について調査したので紹介したいと思います。

WAON(ワオン)についての基本情報

WAONとは、イオンが提供する電子マネーです。

チャージ上限額は50,000円で、1回のチャージ限度額は49,000円となっています。WAON POINT加盟店にて、電子マネーWAONで支払いをすると、200円につき1WAON ポイントがたまる仕様。

①現金チャージ
②クレカチャージ
③イオン銀行普通預金口座チャージ
④オートチャージ
⑤ポイントチャージ

上記5つの方法で残高をチャージすることができるのですが、チャージをする際に操作ミスなどで多くチャージをしてしまった際や、手元に現金がなくて残高を現金にしたい場合にはどのような方法があるでしょうか。

WAON(ワオン)残高を現金化する方法

イオン銀行の公式サイトには「一度チャージされた金額は、返金することはできません」「WAON残高は、現金に換金はできません」とはっきり明記されています。

ですので、残念ながらWAONに誤ってチャージしてしまったとしても、返金してもらえませんので注意が必要です。

そこで公式ではありませんが、他の方法でWAONを現金化する方法を紹介したいと思います。

ローソンでレターパックを購入・転売

ローソンにて、WAONでレターパックを購入します。金券ショップではレターパックの買取も行っているので、いくつかまとめて購入して金券ショップに転売。

ローソン・レターパックを利用した現金化のメリットは、リスクの少なさがあり、本的に買取自体は叶うものなので、現金を得ることは問題なく可能です。

買取業者に買取ってもらう場合、バラで売るよりもある程度の数をまとめて売った方が、高く買取ってもらうことが多いです。レターパックとローソンを利用した現金化は、少額の現金化にはあまり向きません。

ミニストップでギフトカードを購入・転売

ミニストップでは、WAONを利用して切手やAmazonギフトカードを購入することが可能です。

それらは金券ショップや買取業者に買取ってもらえるものなので、購入して売りに出せば、スムーズに現金化が完了します。

ミニストップを利用した現金化の大きなメリットは、換金率の高さ。とくにAmazonギフト券の場合、タイミングや業者によっては90%近い換金率になることもあります。

注意点は、業者選びによって換金率に大きな差が出ること。口コミなども含めてしっかりと見比べて選ばないと、思ったような換金率にならないこともあります。

商品を購入して返品

WAON支払いによって購入した商品を返品するという方法。

たとえばゲームやデジカメ・スマホなどをWAON残高で購入し、商品を返品します。この時、「イオン」で返品する場合には残念ながらWAONでの返金に。

しかし「WAON加盟店」で、さらにWAONチャージが出来ない店舗の場合、支払いがWAONであっても現金で返金されることがあるのです。

大きなメリットは、換金率の高さ。10,000円で商品を買った場合、返品して帰ってくるのは当然10,000円。つまり換金率は100%となります。

しかし残念ながらこの返品を利用した現金化は、キャッシュレスの発展と共に徐々に使えなくなってきています。返品にいたっても、現金ではなくWAONに返金するお店が増えてきているので、注意しましょう。

元々返品できないというお店もありますし、同一店舗であまりに返品を繰り返すせいで返品を受け付けてもらえなくなるという可能性もあります。返品自体が出来ない可能性にも注意しないとなりません。

まとめ

基本的にWAONを現金化するには、手間や時間がかかります。その中で強いてオススメの方法をあげるのであれば、ミニストップでAmazonギフト券などを購入して売りに出すという方法でしょう。

ただAmazonギフト券も、基本的にまとめて売りに出した方が換金率は高くなるものです。

そのためそこまで多くないであろうWAON残高をムリに現金化に利用するよりも、WAONはWAONで買い物に利用し、あらためてクレジットカード現金化や後払い現金化サービスを利用するのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました