ライオンペイ|ツケ払い(後払い)現金化サービスの評判や特徴を詳しくご紹介

スマートツケ払い(後払い)現金化サービス一覧

「信用情報を傷付けたくない」
「ブラックだから借りることができない」

上記のような事情を抱えている人にオススメな現金調達方法がツケ払い(後払い)現金化サービスです。ツケ払い(後払い)を活用した現金化サービスで、ここ最近給料ファクタリングに代わって多くのサービスが登場しています。

そこで、当記事ではライオンペイのツケ払い(後払い)現金化について調べたので現金化の仕組み、サービス内容、利用方法等について紹介していきます。

ライオンペイのツケ払い現金化の仕組みについて

ライオンペイのツケ払い現金化の仕組みについて

まずはライオンペイがどの様なツケ払い(後払い)現金化サービスなのか解説します。

公式サイトによると、買い物代行として、利用者の代わりに希望に沿った商品を調査、提案から購入、発送まで行ってくれるサービスの様です。

口コミによると、現金化サービスなので購入する商品はJCBプレモカードというクオカードの様なもので、買取業者などに売却することで現金化ができるという仕組みになっています。

1.ライオンペイでツケ払い(後払い)で商品を購入 
2.ライオンペイからJCBプレモカードのコードが送られてくる 
3.JCBプレモカードを買取業者等に売却して現金化 
4.支払い期日に商品のツケ払い(後払い)購入代金を支払う

簡潔にまとめると上記4ステップで現金化が完了します。

口コミによるとライオンペイでの手数料が20〜30%かかり、買取業者に売却する際に10〜15%かかるとのことで、実質的にかかる手数料は30〜40%となります。

ライオンペイの運営会社情報

運営会社株式会社TNK
代表者名吉田 拓哉
所在地東京都中野区中央2-30-9-1F
営業時間平日10時〜18時
問い合わせTEL:03-6823-1265
公式サイト不明

ライオンペイのサービス提供内容

手数料30〜40%
決済スピード最短即日
在籍確認利用者属性によりけり
初回利用限度額1万円〜4万円
利用条件給与所得者
必要書類・顔写真付きの身分証明証
・健康保険証
・直近2ヶ月分の銀行口座通帳
・直近2ヶ月分の給与明細
・IDセルフィー
エリア全国対応
公式サイトhttps://lion-pay.net/

ライオンペイのメリットを紹介

  • アルバイト・契約社員・主婦の方でも利用可能
  • 最短で即日現金化できる

ライオンペイのデメリットを紹介

  • 自分で換金をしなければいけないので手間がかかる
  • 審査に落ちる可能性あり

ライオンペイのサービス申込み方法

ライオンペイのサービス申込み方法

それでは実際にライオンペイのサービス申し込み方法とご利用の流れを説明していきます。公式サイト(https://lion-pay.net/)にアクセスします。

サイト内にある「LINEでお問い合わせ」という項目からLINEの友達追加を行い、LINEでやりとりを行います。

自動メッセージ

友達追加をすると上の画像の様な自動メッセージが届くのでそちらの内容に従って申込者情報や勤務先の情報の送信、必要書類の提出などのやりとりを行うだけで申し込みは完了し、審査が始まります。

ライオンペイご利用の際の必要書類は以下の5点です。

・顔写真付きの身分証明証
・健康保険証
・直近2ヶ月分の銀行口座通帳
・直近2ヶ月分の給与明細
・IDセルフィー

無事審査に通過すると、ツケ払い(後払い)購入できるJCBプレモカードの金額と支払い金額が提示されるので、納得ができたら契約をします。

契約後JCBプレモカードのコードが送られてくるので、自分で買取業者に売却をすると現金化が完了です。現金じゃなくても使えればいいという方は手数料を考慮して換金をしないというのも一つの方法です。

最後に支払い期日までにツケ払い(後払い)購入代金をライオンペイに支払えば契約満了です。

まとめ

まとめ

ライオンペイは買い物代行サービスとしてJCBプレモカードをツケ払い(後払い)で購入、転売をすることで現金化できるサービスです。

換金しなくても使えるそうですが、現金が欲しい場合は換金をしなければいけず、手間と手数料が多くかかってしまうというのがネックになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました