ナポレオン|後払い(ツケ払い)現金化サービスの評判や特徴を詳しくご紹介

ナポレオン|後払い(ツケ払い)現金化サービスの評判や特徴を詳しくご紹介 後払い(ツケ払い)現金化サービス業者一覧

金融ブラックの方や、他所では借入を断られてしまった方などでも現金化できる方法として続々と新サービスが登場している後払い現金化サービス。

しかし、サービスごとに現金化の仕組みや手数料などが違い、困惑してしまうかもしれません。

そこで、当記事ではナポレオンの後払い現金化サービスについて調べたので現金化の仕組み、サービス内容、利用方法等について紹介していきます。

ナポレオンの後払い現金化の仕組みについて

まずはナポレオンがどの様な後払い現金化サービスなのか解説します。

ナポレオンではデジタルアート販売しており、後払いで購入することができます。購入すると、キャッシュバックとして指定の口座に振り込んでくれるという現金化の仕組みになっています。

デジタルアートなのでデータとしてすぐに商品を受け取ることができるので、現金化までもスムーズです。

ナポレオンの現金化の流れを簡単にまとめると以下です。

1.後ラボで商品を後払いで購入 
2.商品が届き、キャッシュバックで現金が指定の口座に振り込まれる 
3.支払い期日までに購入代金を後ラボに支払う

また、公式サイトには購入できる商品とキャッシュバックされる(現金化できる)金額のプランが掲載されていました。

A〜Eの5つのプランが用意されており、一番安いAプランの場合は3万円の品物を購入して1万5千円がキャッシュバックされるということです。

A〜Eプランを利用した場合に、現金化に実質的にかかる手数料は40〜50%になります。

ナポレオンの運営会社情報

運営会社合同会社 優心
代表者名不明
所在地大阪府大阪市福島区福島1-48
営業時間月~金:10時~19時
土:10時〜18時
問い合わせTEL :050-5491-6050
FAX:050-3398-0130
公式サイト不明

ナポレオンのサービス提供内容

手数料20%~50%
決済スピード最短即日
在籍確認なし
初回利用限度額2~5万円
利用条件給与所得者
必要書類・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基台帳カード等)
・社会保険証または国民健康保険
・給与明細
・銀行口座入出金履歴
エリア全国対応
公式サイトhttps://naporeon.tokyo/lp1/

ナポレオンのメリットを紹介

  • キャッシュバック方式で最短即日現金化
  • 土曜日も対応可能

ナポレオンのデメリットを紹介

  • 利用したい希望のプランが利用できない場合あり
  • 審査に落ちてしまう可能性あり

ナポレオンのサービス申込み方法

それでは実際にナポレオンのサービス申し込み方法とご利用の流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://naporeon.tokyo/lp1/)にアクセスします。

サイトの下部までスクロールすると途中に「お問い合わせ」という項目に入力フォームがあるので、そちらから必要情報を記入して送信します。

ナポレオン申し込みにあたって以下のお客様情報が必須となります。

本人情報
名前、携帯電話番号、生年月日、年齢、現住所、自宅番号、メールアドレス

勤務先情報
勤務先名、勤務先番号、雇用形態、勤続年数、手取り月収、給料の支給方法、保険証の種類

その他
緊急連絡先名前、緊急連絡先関係、緊急連絡先番号、現在利用中の他業者名、過去利用の他業者名

上記は全て必須項目です。不明点が無いようにしておきましょう。

送信後、ナポレオンから折り返しの連絡が来ます。そして、必要書類の提出を求められるので、提出すると審査が始まります。

ナポレオンご利用の際の必要書類は以下の4点です。

・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基台帳カード等)
・社会保険証または国民健康保険
・給与明細
・銀行口座入出金履歴

この際、ナポレオンでは基本的には在籍確認が行われないそうなので会社等に利用していることがバレる可能性は低いでしょう。不安な方は事前に問い合わせましょう。

無事審査に通過しましたら、実際に購入できるプランを決定し、キャッシュバックされる金額などに合意できたら契約に移行します。

契約後、商品が届き、指定口座にキャッシュバックされた金額が振り込まれます。

最後に、後払いで購入した商品の代金をナポレオンに振込をすれば契約満了です。

まとめ

ナポレオンはデジタルアートを後払いで購入するとキャッシュバックがもらえるという後払い現金化サービスです。

キャッシュバックでスピード現金化できる後払い現金化サービスで、購入したオリジナルのデジタルアートで壁紙を楽しみたいと言う人はぜひ一度利用してみては?

タイトルとURLをコピーしました